誹謗中傷・個人情報の削除・損害賠償請求等、
ネット上の風評被害でお悩みの企業様はご相談ください。

インターネット上の誹謗中傷やプライ
ベートな情報等の削除/投稿者の特定から
損害賠償請求まで
keshikir(ケシキル)− ケシキル −

メールによるお問い合わせ

不利益をもたらすネット上の「誹謗中傷」や「風評被害」。専門弁護士が解決へ導きます。

2019年10月01日
「アカウントを消去すると電子計算機損壊等業務妨害が成立する?」
2019年09月19日
リツイートと名誉棄損
2019年08月16日
検索補助機能(サジェスト機能)対応
2019年07月08日
削除請求・開示請求を地元の弁護士に依頼するメリット・デメリット

誹謗中傷・風評被害に
悩んでおられる企業様へ

インターネットで自由な情報発信ができる現代、様々な書き込みによる誹謗中傷、風評被害が増えています。心ない悪質な書き込みは匿名で行われる事が多く、現在のSNSの発達により拡散のスピードには歯止めが効きません。

インターネット上の記事は削除しなければ、原則として残り続け、さらに拡散されるおそれがあります。誹謗中傷や風評による被害は、時にあなたの人生を奪い、時に企業の未来を奪います。

悪評を放置した場合に考えられるリスク

  • 業績の悪化
  • 融資の停止
  • 取引先からの契約打ち切り
  • 社員の離職、新規採用が困難に

上記のような被害を受けないためにも、迅速な対応が必要です。会社が危機管理をしっかりと行うことで、会社の信頼やブランドを守ることができます。

私たちは、ネット上の誹謗中傷・風評被害で苦しんでいる方を適切な方法で救済したいと考えています。不利益となる記事を削除したい方、書き込んだ人を特定したいと考えている方、被害が拡大する前に私たちにご相談ください。

サービスのご案内

誹謗中傷記事の削除を請求する

個人ブログや大規模掲示板(5ch、爆サイ、ホスラブなど)への書き込みによって、法人(または個人)の権利が侵害されている場合、書き込みが掲載されているサイト管理者、サーバ会社等に、書き込みを削除するよう請求します。

誹謗中傷記事の削除を請求する

記事を掲載した投稿者を特定する(発信者情報開示請求)

匿名での書き込みの発信者を特定したい場合、サイト管理者、サーバ会社、接続プロバイダ等を相手として発信者情報の開示請求を行います。あなたを苦しめる書き込みの発信者を適切な方法で特定いたします。

記事を掲載した投稿者を特定する

ページ上部へ